予防歯科・クリーニング

予防歯科に対する当院の「体制」と「考え方」

予防歯科

虫歯にさせないことを目的とする予防歯科は、当院が特に力を入れている診療科目です。日本でも虫歯を予防する意識が高まっています。それを全力でサポートすることが我々歯科医師の役目です。当院の予防歯科に関する「体勢」には次のような3つの特徴があります。

1.予防の専門家「歯科衛生士」を担当制に

歯科衛生士歯科医院において、予防処置を行うのは主に歯科衛生士です。

歯科衛生士は、歯科医師と同じように国家資格を持ったプロ。専門学校や大学で予防や歯周病治療を専門に学んでいるため、予防に関して高い知識と技術を備えています。

当院では、そんな歯科衛生士を担当制で患者さまの治療に当たるように組織しています。

2.「超音波」と「手動」2つのスケーラーを使い分けている

スケーラー歯の表面に付着した歯垢や歯石を落とすには、スケーラーという器具を使います。この器具には「超音波スケーラー」と、「手動のハンドスケーラー」の2種類があります。

最近は「超音波スケーラー」をメインで使う機会が多いのですが、当院の治療には手動のハンドスケーラーも欠かせません。

この2種類のスケーラーには、それぞれ異なった特徴があるからです。

  • 超音波スケーラー

    超音波スケーラー超音波スケーラーは、超音波により微細に振動しており、歯の表面に付着している歯石や歯垢を広く浅く取り除くことができます。

  • 手動のハンドスケーラー

    ハンドスケーラー手動のハンドスケーラーは、手で歯石等をていねいに取り除くときに使用します。時間はかかってしまいますが、歯の隅々までしっかりと処置できます。

歯医者さんは痛くなくても、虫歯がなくても通っていいんです

歯科定期検診

歯が痛くなってからではなく、定期的に歯科医院に通うことが歯を失わないための大切な心がけです。仙川デンタルケアでは、院内でのクリーニングだけで終わるという治療はいたしません。食事やストレス、お仕事の影響など、患者さまの生活リズムが虫歯を引き起こすことがあります。そうしたリスクをできるだけ減らすための生活習慣指導を行っています。

予防歯科を受診していた人とそうでない人の生涯治療費の差

下記は、歯が痛くなってから通院していたのではなく、歯科検診をしっかり受診しながら早期発見、早期治療を行なっていた方とそうでない方のお口に関する生涯治療費を算出した例です。

予防歯科を受診している人の生涯治療費

予防歯科を受診していない人の生涯治療費

(出典:日吉歯科診療所調べ)

画像からわかるように、早期発見早期治療を行なっていた方に比べて、痛い時だけ通院するスタイルの方の治療費は数百万円もの差が出てしまっています。さらに金銭的な負担だけでなく、歯が抜けおちてしまっているために自分の歯で美味しく食事することもできない状態となり、良いことは何一つありません。

若い頃にしておけばよかったことアンケート1位は『歯の○○』

若い頃にしておけばよかったことアンケート

こちらは、55歳~74歳の方々に「若い頃に取り組んでおけばよかったと思うことはなに?」というテーマで取ったアンケート結果です(雑誌PRESIDENT(㈱プレジデント社より抜粋))。いかがでしょうか?皆さん歯のお悩みで苦しんでおられる故に、定期検診の重要さを感じておられるようです。「今は大丈夫」この考え方が将来の後悔を生みます。ぜひ歯科定期検診を受診してください。

ブラッシングだけでは虫歯や歯周病は予防できない!?

歯磨きと虫歯と歯周病

「毎日歯を磨きましょう」。小さな頃からいろいろな場所で教えられてきた歯磨きの大切さ。多くの人はその教えにしたがって、毎日歯をきれいに磨いています。でも、実は毎日のブラッシングだけでは虫歯や歯周病を完全に予防することができないのです。なぜでしょうか?それは、バイオフィルムと呼ばれるブラッシングで落とせない汚れがあるからです。

ヌメリのようなバイオフィルム

台所にある三角コーナーをイメージしてください。毎日きれいに洗い流しているのに、数週間経過すると、ヌメリがでてきませんか?これと同じことがお口の中でも起きているのです。それがバイオフィルム。歯の表面に付着したヌメリのような汚れはブラッシングをしても取り切ることができません。それがどんどんとたまってゆき、歯石に変化してしまいます。すると、炎症を起こして歯周病になったり、歯を溶かして虫歯になったりするのです。

sample

バイオフィルムを放置していると・・・

バイオフィルムバイオフィルムの中には、虫歯菌がたくさん含まれています。放置していると炎症を起こしたり歯を溶かしたり・・・虫歯や歯周病が進行してしまうなど歯のトラブルの原因になるのです。

そこで、定期的に歯科医院で専門的なクリーニングを行う必要があります。

歯科医院では、バイオフィルムを含めて歯垢や歯石を徹底的に取り除くことができます。2,3ヵ月に1度のペースでメンテナンスを受けていれば、歯のトラブルを大幅に減らすことができます。

予防処置は虫歯予防だけでなく白く美しい歯にする効果もある?

予防歯科と葉の色

歯科医院での予防歯科を受けることは、虫歯や歯周病の予防以外のメリットがあります。それは、歯が白くきれいになるということ。あまり知られていないことですが、審美歯科に通うことなく、歯をある程度白くすることができるのです。一体どうしてでしょうか?それは、歯のメンテナンスで行われていることが関係しています。

歯のクリーニングで着色を徹底除去!

着色除去歯科医院での予防歯科治療では、主に歯の表面に付着している歯垢や歯石を徹底的に取り除きます。

歯ブラシでは取ることのできない石のような歯石もきれいに取り除けます。この処置が、歯を白くしてくれる秘密なのです。というのも、タバコのヤニやコーヒーなどによる着色は主に歯石に付いているからです。汚れている歯石をきれいに取り除くことによって、歯が持っている本来の白さを取り戻すことができます。

定期的な予防歯科治療でのメンテナンスは、虫歯や歯周病予防だけでなく歯を白くすることにもつながります。一石二鳥の予防歯科で白く健康な歯をめざしましょう。

仙川で丁寧な予防歯科治療をご希望の方はぜひご相談ください

予防歯科

このように当院は、においてとことんこだわりをもって予防歯科を行なっております。おかげさまで仙川のみならず調布市全域からもご来院いただいております。レベルの高い予防歯科治療をご希望の方はぜひご相談ください。