虫歯・根管(神経)治療

仙川デンタルケア式―限りなく痛みを感じさせない虫歯治療

痛くないむし歯治療

虫歯治療は「痛い」というイメージをお持ちの方が少なくありません。それが、虫歯になってもなかなか歯科医院に足を運べない原因になっています。当院では、限りなく痛みを抑えた治療法を行っており、痛みが苦手な方でも安心して治療を受けていただくことが可能です。基本的に次の5つのステップで治療を行っております。

Step1 不安や緊張を取り除く

不安や緊張を取り除く痛みというのは、神経が反応することによって生じるものです。

治療を行う前の不安や緊張は、神経が過敏になって治療中に痛みを余計に感じる原因なのです。

当院の治療は、カウンセリングで不安や緊張を取り除くことから始まります。

Step2 表面麻酔で注射の痛みをやわらげる

表面麻酔で注射の痛みをやわらげる虫歯になった歯を削ると歯の中の神経を刺激することになるので、麻酔注射を使って痛みを感じにくくさせます。

しかし、痛みをやわらげるための麻酔注射が痛いと感じる人も少なくありません。

当院では注射の痛みを感じにくくするために、はじめに表面麻酔を行ってから注射を使います。

Step3 麻酔液を人肌まで温めて使用する

麻酔液を人肌まで温めて使用する麻酔注射が痛いのは、刺すときだけではありません。

麻酔液が体内に入るときに痛みを誘発してしまうのです。この痛みをやわらげるには、麻酔液の温度を高くすることが有効です。

当院では体温と同じくらいに温めた麻酔液を使用します。

Step4 注射針は極細針を使う(33G)

注射針は極細針を使う(33G)注射針は、細ければ細いほど痛みを抑えることができます。

針治療の際に極細の針を刺してもまったく痛みを感じないのと同じ原理ですね。

当院で使用しているのは、注射針として市販されている中で最も細い「33G」という針です。

Step5 副交感神経が優位な息をはいている時に注射する

副交感神経が優位な息をはいている時に注射するさらに、注射をうつタイミングにおいて、患者さんの副交感神経が交感神経に比べて優位に立っている時を狙います。

息をはいているときは、副交感神経が優位になると医学的に証明されておりますので、患者さんの呼吸に合わせて、息をはいた時に注射を打つようにしております。

Step6 できるだけゆっくりと一定のスピードで注入

できるだけゆっくりと一定のスピードで注入麻酔注射を痛くしない方法にはもう1つ大切なことがあります。

それは、ゆっくり注射すること。これだけでも痛み方が違うんです。

さらに、麻酔注射は数回に分けて行いますが、歯ぐきではなく痛みの少ない柔らかい粘膜から注射してゆきます。

仙川デンタルケアの虫歯治療は、できるだけ「削らない」

削らないむし歯治療

虫歯治療というと、虫歯になった部分をドリルで削り、そこに金属の詰め物を入れるという方法が一般的です。虫歯菌を少しでも残して詰め物を入れると、内部で菌が増殖してしまうので余裕を持って歯を削ることも少なくありません。

ですから、一度の虫歯で歯の大部分が削り取られてしまうということも決して珍しいことではなかったのです。最終的に削る部分がなくなってしまえば、抜歯するしかありませんでした。

ミニマルインターベンションという考え方

こうした治療法は、今では古い考え方です。歯科医療の技術はとても進歩しており、最近は「可能な限り歯を削らない治療」が一般的になっています。これがMI(ミニマルインターベンション)という考え方です。この考えに基づいた治療は歯の寿命を伸ばすことができます。

sample

[できるだけ削らないために①]ダイアグノデントの使用

ダイアグノデント虫歯があるかどうかは、歯質の色の変化で判断します。

歯科医師は、歯質が茶色になっている箇所を発見すると、虫歯かな?と疑うのですが、これはあくまで色のみで判断して、歯面奥に潜む虫歯を早期発見することは困難で、結果、虫歯を進行させてしまい、気づいた時には大部分の歯質を削ることになります。

そこで登場するのがダイアグノデントです。ダイアグノデントはプリズムレーザーを当てることで、歯面奥に潜む虫歯を発見することができます。そのため、視診や、X線を用いるだけでは発見しにくい部分(歯と歯の間のむし歯など)のむし歯の発見などに役立つため、治療漏れがなく、最小限の切削で済みます。

[できるだけ削らないために②]虫歯検知液の使用

虫歯検知液の使用

虫歯組織に反応して虫歯組織のみを赤く染めるウ蝕検知液(虫歯検知液)を使用して、虫歯の取り残し、削り過ぎを防ぎます。時間がかかるためこれを使用している歯科医院は少ないですが、当院ではできるだけ天然歯を護るために必ず使用しております。

[できるだけ削らないために③]レジン素材の活用

レジン素材の活用

歯を削った後には、歯の機能を回復させるために詰め物を入れます。以前は金属の詰め物が主流でしたが、最近はレジンと呼ばれる素材を使うことが増えています。レジンとは、プラスチックの1種で加工のしやすい素材です。金属製の詰め物とは違って歯を削る量を最小限に抑えることが可能です。こうした理由から、できるだけ削らない虫歯治療においてレジンは欠かせない素材だと言えます。

抜かない虫歯治療最後の砦「根管治療(根っこ・神経の治療)」

根管治療(根っこ・神経の治療)

歯の中心には神経や血管がありますが、その通り道は根管と呼ばれています。虫歯がひどくなってくると、虫歯菌はどんどんと歯を溶かしてゆき、やがて根管にまで到達します。

そうなると必要なのが根管治療です。根管治療とは、根管の内側をきれいに掃除して虫歯が再発したり、悪化したりしないようにするために重要な治療です。

根管治療の流れ

  • ①重度の虫歯に行なう

    重度の虫歯に行なう▲根管治療は軽中度の虫歯には必要ありません。根管まで虫歯菌が達してしまった重度の場合に行います。

  • ②根管をきれいにする

    根管をきれいにする▲根管はとても細く湾曲しているので肉眼ではよく見えません。リーマーと呼ばれる特殊道具できれいにします。

  • ③根管を殺菌する

    根管を殺菌する▲掃除が終わったら、特殊な洗浄液を流しこんで虫歯菌を徹底的に殺菌します。

  • ④セメントを流し込む

    セメントを流し込む▲根管の殺菌・消毒が終わったら歯科用のセメントを流し込みます。殺菌効果があり、虫歯菌を繁殖させません。

  • ⑤根管を封鎖する

    根管を封鎖する▲セメントが固まったら封鎖完了です。再び虫歯菌に感染するリスクが低くなります。

  • ⑥かぶせものを装着する

    かぶせものを装着する▲歯の上部が削られているので、銀歯やセミラック製のかぶせものを装着し、元通りに復元します。

根管治療で大切なのは「精度」

根管治療(根っこ・神経の治療)神経の通っている場所である根管は、とても細くて湾曲しています。肉眼ではよく見えないので、付着している虫歯菌をきれいに取り除くことはかなり難しいのです。

ですから、一度治療をしても再び虫歯菌が増殖する確率が50%を超えるとも言われています。

当院では、再発防止のためにじっくり丁寧に時間をかけた根管治療を行っています。

仙川で虫歯治療、根管治療(歯の根っこの治療)をご希望の方へ

虫歯治療、根管治療(歯の根っこの治療)

当院の根管治療は時間をかけてていねいに再発防止対策を行いながら行ってゆきます。もし、仙川で虫歯がひどくなっており、神経を抜かなければいけない可能性のある方はぜひ一度当院にご相談ください。時間をかけた「ていねい根管治療」があなたの歯を守ります。