痛くない親知らずの抜歯

親知らずは必ず抜いたほうが良いわけではありません

親知らずの抜歯

以前の歯科治療では、親知らずは見つけ次第すぐに抜いたほうが良いと言われていました。でも、最近はできるだけ残しておくことが勧められています。もし親知らずを抜こうと考えておられるなら少し待ってください。ここでは、仙川デンタルケアの親知らずに関する考え方をご説明いたします。

親知らずはリサイクルできます(親知らずの移植、再生療法)

親知らずの移植、再生療法まっすぐに生えている親知らずは、基本的には抜く必要はありません。

そのまま残しておけば、もし別の歯が虫歯や歯周病で抜歯する必要が出たときに移植することが可能なのです。

もちろん歯の形や条件があるので、必ず移植できるというわけではありません。それでも、何も問題が起きていない歯を急いで抜く必要はありません。

こんな場合は抜いたほうが良い

親知らずの抜歯

移植できるとはいえ、悪さをしている親知らずは抜いたほうが良いでしょう。特に次のような場合は、放っておくと歯並びが悪くなったり別の歯が虫歯になったりするおそれがあるので、抜歯することをおすすめします。

  • 親知らずが成長しておらず歯ぐきから出ていない状態。中で膿んでおり強く痛む場合
  • 歯ぐきから顔を出しているが形が悪く正確に歯磨きができず虫歯リスクを高める場合
  • 隣の歯を押していて歯並びに影響を与える場合
  • 生え方が悪く、噛み合わせが良くない場合

親知らずを抜くときの痛みってどれくらい?

親知らずの抜歯

歯を抜くときってどれくらい痛いのでしょうか。虫歯にもなっていない親知らずを抜くのは、ものすごく痛いだろうと心配される方もいるかもしれません。

しかし、実際は麻酔注射をしてから抜歯するので抜くときに痛みを感じることはほとんどありません。他の歯と同じように正常に生えている場合は同じように抜歯できますし、難易度の高い症例や、患者さまがかなり不安を感じている方には全身麻酔を使うという方法もあります。

抜歯時間が短いほど痛みも早く良くなる

親知らず抜歯時の痛み親知らずの抜歯は麻酔が効いているので痛くありませんが、問題は麻酔が切れてからです。痛みが出てくるので、歯科医院で痛み止めが処方されます。

実は、抜歯後の痛みと抜歯にかかった時間は関係しているのです。スムーズに抜歯できれば、その後の痛みも早く治るといわれています。

当院は、親知らずの抜歯経験の豊富な歯科医師が治療を担当するので、患者さまの負担をできる限り軽減いたします。

ドライソケットで歯が痛くなる

ドライソケットの痛み歯を抜いた後、その場所にはぽっかりと穴が開いています。そこに血がたまって固まり、血餅となり患部が直接空気に触れないように保護してくれます。

しかし、中には血餅が剥がれ、患部が露出してしまうケースがあります。これがドライソケットと呼ばれる症状です。放っておくと食べかすや雑菌などが入り込んで炎症を起こし、強い痛みがでます。

当院では抜歯後に丁寧に洗浄を行うことで、血餅が留まりやすい状態を作ることで、ドライソケットを可能なかぎり防止しております。

親知らず抜歯前の感染の有無も重要

親知らず抜歯前の感染の有無も重要親知らずが腫れることを、智歯周囲炎と呼びます。智歯は親知らずのことです。

抜歯前に親知らずが腫れを起こしたということは、すでに感染を起こしているということで、すでに感染を起こした状態であれば、抜歯後に高確率で腫れが起こってしまいます。

ですので、当院では親知らずの感染の恐れをいち早く見つけることで感染を起こす前に抜歯します。

親知らずを抜歯すると小顔になる?

親知らず抜歯の痛み

奥歯のさらに奥の歯である親知らずを抜歯すれば顔が一回り小さくなると考える人もおられるようです。しかし、実際には多少の変化はあるかもしれませんが、思ったほどの効果を得ることはできません。しかも、抜歯後はしばらく顔が腫れてしまうので、小顔と正反対の状態になってしまうでしょう。

親知らずを抜歯することによる小顔効果は、美容歯科でも積極的に行っているところもあり、歯科医師による見解の違いが大きく現れる分野です。もし、仕事上どうしても小顔にしたいという悩みがあれば、推奨している歯科医院で相談してみるのも良いかもしれません。

 

仙川で親知らずの抜歯をお考えなら仙川デンタルケアへ

親知らずの抜歯

親知らずは抜いたほうが良い場合と抜かないほうが良い場合があります。また、痛みに関してもできるだけ痛くないように抜歯できるのならそうするほうが良いですね。もし、仙川で親知らずの抜歯をお考えであれば、ぜひ仙川デンタルケアへご相談ください。