歯科無痛治療

歯科が嫌いなあなたへ-当院は痛みを抑えた治療が可能です!

無痛治療

歯科医院を嫌いになる理由で多いのは、痛いから、もしくは怖いからではないでしょうか?仙川デンタルケアでは、そうした歯科医院に関係する恐怖を抱いておられる方に、痛みの少ない治療「無痛治療」をおすすめしています。

調布市仙川で痛くない歯医者・歯科医院を探している方へオススメしたいのが、痛みに敏感な方にもご好評をいただいているこの治療法。完全に無痛にすることはできませんが、一体どうして痛くなりにくいのでしょうか?ここでご説明させていただきます。

「仙川デンタルケア式 無痛治療」のご紹介

「無痛」をめざした5つの取り組み

仙川デンタルケアでは、歯科治療で感じる痛みに対して5つの観点で、痛くしないことを心がけています。治療の前、治療中、治療後においてできるだけ痛みを抑えるための5つの取り組みをご紹介しましょう。

sample

  • 表面麻酔の使用

    表面麻酔歯科治療で最初に訪れる怖い治療が注射。針を刺すので痛いに違いありません。しかし当院では、最初に塗るタイプの麻酔を表面に塗ります。それから注射するとほとんど痛みを感じないのです。

  • 超極細(33G)の麻酔針

    超極細(33G)の麻酔針注射の痛みに深く関係しているのが針の太さです。当院では、注射針としては最も細い「33ゲージ」という超極細針を使用しています。表面麻酔と併用するとほんとに痛みを感じにくくなります。

  • 注射の仕方へのこだわり

    注射の仕方へのこだわり麻酔をうつときにも痛みを感じにくくさせるこだわりがあります。それは、「針を刺す」ではなく、針に粘膜を持っていくという感覚で行うことです。不思議なことに、この少しの違いで痛みは大幅に軽減します。

  • 麻酔液を温める

    麻酔液を温める麻酔液の温度が体温と大きく差があると痛みが生じます。当院では、専用の麻酔液ウォーマーを使用し、人肌に麻酔液を温めることで、注入時の痛みを緩和させます。

  • 副交感神経が優位な時を狙う

    副交感神経が優位な時を狙う息をはいている時は副交感神経が交感神経に比べて優位にたっている状態と言われています。患者さんの呼吸を見ながら、痛みを感じにくい副交感神経が優位な息をはいているときに麻酔をうちます。

 痛くない歯科医院をお探しの方へ、ぜひ当院にご相談ください

無痛治療

仙川デンタルケアでは、痛みを抑えた歯科治療を心がけています。「こんなに痛くないなら早く来ればよかった」と言ってくださる患者さまも多いので、安心してご来院ください。また、早期治療こそが最高の無痛治療です。できるだけ早い受診をおすすめします。